ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

デーモンマーロックZOO 妖の森ウィッチウッドver.

デーモンマーロックZOO

 

f:id:tikuwa0max:20180522225959p:plain

コード

AAECAf0GAq8E0eECDjDbA/IF2QenCMII9gidwgKxwgLKwwLKywL3zQLx0ALeggMA

 

概要

悪魔とマーロックシナジーの融合、相手のデッキタイプと手札のカードと相談しながら戦い方を臨機応変に変えていくマーロック特有の爆発力はどんなデッキにも真似できない。

1→2→3の動きを意識する

タイドコーラー→ロックブールハンター→戦隊長→メガサウルス

タイドコーラー→卑俗のホムンクルス→戦隊長

ヴォイドウォーカー→悪魔の火

 

 

Pick Up

悪夢の融合体

f:id:tikuwa0max:20180522164037p:plain

良スタッツで種族間のシナジーを支えるカード。このデッキでは主にメガサウルスの適応につないだり、悪魔の火を当てて育てたりする。このデッキのマーロックの中では体力が高く生き残りやすいためバフしやすいのが非常に良い

悪魔の火

f:id:tikuwa0max:20180522165218p:plain

除去にも使えるしバフにも使えるものすごく使いやすいカード。ヴォイドウォカーや卑俗なホムンクルスなど、軽い挑発悪魔ミニオンをバフすることで体力に不安の残るマーロックを守ることができる点が非常に良い。

 

Customize

ドゥームガード

f:id:tikuwa0max:20180522170114p:plain

最強の突撃カード。体力が高く攻めながら盤面を固めることができるのはとても強い。手札破壊は出した後の展開を弱くするので今回は採用していない。

コボルトの司書

f:id:tikuwa0max:20180522170841p:plain

ドローしながら展開できる点で序盤から終盤まで活躍できるカード。今回のデッキではタイドコーラー、ヴォイドウォーカー、炎のインプなど1マナのミニオンが十分なのと序盤から盤面を作っていきたいために体力1のミニオンを極力採用しないようにしている