ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

性悪ウォリアー 妖の森ウィッチウッドver.

f:id:tikuwa0max:20180514195306p:plain

コード

AAECAQcK0gLUBN4FkAfCzgKf0wLP5QKa7gLN7wKc8wIKjgXyBczNAs/jAtfrArrsAoXtAp3wApfzAtH1AgA=

 

概要

序盤は急襲カードでテンポ取りながら、中盤に性悪な召喚師を召喚して盤面を固めるデッキ、このデッキでは6マナと7マナのミニオンを出せるため中型のミニオンをしっかり出せる。

また呪文石を育てやすく盤面取ってる状態での、5/5ゴーレムはプレッシャーをかけられる。

 

Pick Up

 

ミスリルの小呪文石

f:id:tikuwa0max:20171126033355p:plain

このデッキには武器が2種類あり、どちらも序盤の盤面を取るのに非常に役に立つ。

木こりの斧は急襲と併せて盤面強化に、ブラッドレイザーはパラディンに対して強くなれる。

上手いことテンポを取り続ければ、7ターン目のこのカードにつなげられる。2体のゴーレムが出せれば十分だろう。ただし、テンポを取っていること前提であるため、6ターン目までの動き次第でこのカードの強さは大きく変わる

 

アザリナソウルシーフ

f:id:tikuwa0max:20180427011904p:plain

前述のとおり、このデッキは6ターン目までにしっかりテンポを取る戦い方になる。したがって7ターン目は手札が切れ始めるころで、このカードは攻め札を確保するために使える。もちろん対コントロールではイマイチ使いたいカードを手に入れることはできないが、ミッドレンジデッキミラーであれば有用なカードを拾えるだろう。性悪ドルイドで究極の浸蝕を手に入れたり、性悪プリーストに対しては、琥珀の中に眠るものや、精神支配をコピーできる。

 

フェスタールートの大木

f:id:tikuwa0max:20180514200607p:plain

高体力で生き残りやすいこのミニオンはテンポを取るこのデッキとは非常に相性がいい。とりわけ急襲カードと組み合わせると、十分すぎるほどのスタッツまで成長する。

基本的に次のターンまで生き残れるため、出したターンの攻撃力は気にする必要はあまりない。

 

Customize

 

コルクロンの精鋭

f:id:tikuwa0max:20180514201123p:plain

ウォリアーの基本カード、資産が足りない時や、よりfaceを詰めるタイプであれば有効。体力3である点がやや心もとない

 

アルカリナイトリーバー

f:id:tikuwa0max:20180514201308p:plain

このカード一枚で5点出せるカード。相手のミニオンに対する除去に使える。

5ターン目に装備し、ミニオンを除去しながら性悪な召喚師を召喚できると盤面をしっかりとれる。

 

マリガン

 

マストキープ:お触れ役・木こりの斧・狂犬病ウォーゲン

対パラディン:レッドバンドスズメバチ・ブラッドレイザー

対ドルイド :民兵指揮官(タールクリーパーやクリプトロードを倒しやすい)

 

総括

急襲テンポウォリアー自体が楽しいデッキだが、そこに性悪ギミッグを加えることでランダム要素のわくわく感を楽しめる

 

参考動画

www.youtube.com