ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

bigウォリアー 妖の森ウィッチウッドver.

 ビッグウォリアー

招集ウォリアー

f:id:tikuwa0max:20180514192457p:plain

 

コード
AAECAQcEognCzgL95wLd6wINS6IEkQb/B7IIxsICzMMCzM0Cjs4C9s8C5tMC6ucCm/MCAA==

 

概要

ビッグプリーストがスタン落ちによっていなくなり、市民権を得たウォリアーのビッミニオンデッキ。パーティを組もう!からの早期召喚。並びに、死人の手札でデッキ補充、熔けている刀身を使ったズルなど、ウォリアーならではの動き方が楽しいデッキ。

 

Pick Up

 

熔けている刀身

f:id:tikuwa0max:20180514161053p:plain

キープしておけば適切なタイミングで適切な武器を装備することができる変身カード。

世界樹の小枝で10マナ加速したり、二枚目の懊苦離刃を確保したりとできることは様々、軽い武器カードは相手のミニオンを除去するのに役に立つので、システムミニオンが存在するアグロに対してはキープしておくとよい。

 

懊苦離刃

f:id:tikuwa0max:20180514161438p:plain

8マナでミニオンを招集するのにどんなメリットがあるのかと登場当時は思っていた。しかし、使ってみると3点与えられること、3ターンも継続して招集できることがとてつもない効果を発揮した。ポイントは3ターン継続して出せるが、招集はしてもしなくても良いというところで、次のターンの捻じれし冥界や心霊絶叫が予想できるとき、精神支配技師の効果が発動してしまう盤面になってしまうときなどでは振らないという選択ができる。

武器破壊カードが今の環境では多いためできる限り、熔けている刀身からも懊苦離刃を用意したい。

 

死人の手札

f:id:tikuwa0max:20180514162035p:plain

このカードを無しにして招集ウォリアーは組めないだろう。なぜなら、ビッグミニオンを引き切ってしまったり、すでに招集しつくしてしまいデッキにはミニオンが存在しないという状況が頻繁に訪れるからだ。

その瞬間に、パーティを組もう!懊苦離刃ドラゴン孵化師は役目を終えたカードとなってしまう。これでは、コントロールに対して戦えるとは言い難い。リソースを確保しながらロングゲームに持ち込める点は非常に強い。

 

 Customize

 

 地彫り師イップ

f:id:tikuwa0max:20180513160204p:plain

放置できない重めのシステムミニオンとして、活躍してくれる。

かかって来い!と組み合わせることでバリューを引き上げられる。

 

ドグサレガオ

f:id:tikuwa0max:20180514194046p:plain

ブラッドレイザーと相性がいい。6点を一度に出せない盤面、確定除去スペルを持たないヒーローで出せると有効的に使える。レジェンドカードにはムラがあるため必ずしも強いカードが出るわけではないので注意。

 

 

戦術

序盤は装甲を稼ぎながらコントロールする。
中盤に招集カードによって一気に盤面を封殺する。

 

マリガン

マストキープ: 魂の鍛冶場・熔けている刀身
速めのデッキ: ブラッドレイザー・出陣の道
遅めのデッキ: パーティを組もう・懊苦離刃
性悪デッキ : とどめの一撃

 


総括
招集楽しい!

大きい挑発ミニオンを招集できることが多いため、いざというときに身を守ってくれる。

 

 

参考動画

youtu.be