ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

【Hearthstone】ナーフに関するあれこれ【妖の森ウィッチウッド】

twitter.com

開発者の方が、カードのバランス調整について言及しました。

具体的には、ナーフを決定しているわけではないのですが、現段階でナーフを検討しているカードが公開されました。


それを受けて、Twitterでは多くの人がナーフに関する意見をツイートしていました。
中にはナーフ案を提示しているツイートもあり、とても面白いです


ここで1つ考えていたのは、何を指針にナーフをするのかということです。

ナーフの目的は環境をより良くするためだと思うのですが、そのためにどのようなカードをナーフすべきなのでしょうか

強すぎるカード?運に左右されるつまらないカード?単純に不快なカード?

これには正解不正解はない。というのも、良い対戦環境というのが人それぞれ違っています。
理想が違えば当然ナーフ指針も変わる


この違いがとても面白くて、
たとえば
私は、もちろん実現は難しいことですが、9ヒーローがまんべんなく環境にいることが望ましい環境の形だと考えています。
しかし、中にはヒーローがいっぱいいると対策が難しいとか考えることが多いとかで、嫌だという方もいます。

具体的には2017年のウンゴロ探検のスタン落ち後に見受けられたことです。
ウンゴロ前は、アグロシャーマンと海賊デッキが幅を利かせていました。
スタン落ち後クエストの影響もあって多くのヒーローやデッキタイプが環境に現れました。

その時、「海賊が多かったころのほうが勝ちやすかったのに…」といったツイートを見たことがあります。

大魔境ウンゴロ環境(4/7発売)2週目メタリポート - たーみがんのブログ


話を戻しますとナーフすべきだと思うカードは、どのような背景でナーフすべきなのか併せて書いたほうがいい。
説得力が増すし、ぶれない考えを持てると思います。

私は、前回ナーフについて考えたとき「選択性」を第1に考えました。

www.tikutatu.com


もちろん、感情的で主観的な意見も貴重なのですが、本当にナーフを望むのであれば多くの人の賛同を得るために論理的な考えを発信すべきだと考えます。

Twitterはつぶやくところですけどね。

はい、ということでナーフに関する私的意見でした。
実際に今回のナーフについては考えがまとまってないので記事にはしません

みなさんの意見を参考にしたいのでたくさん考察ツイートしてくださいね。



最後に
不快だからナーフしろ…というツイートは不快だから我慢しろ