ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

【Hearthstone】テンポローグについて語ります(奇数ローグ)【妖の森ウィッチウッド】

こんにちは

新環境が始まってから5日間で様々なデッキが台頭しては消え、恐ろしい速度でメタが回っているのを感じます。

以前
新環境にわくわくしないという、愚かな考えを記事にしてましたが蓋を開けてみれば、様々なヒーローで遊べるのでとても良い環境でした。

このメタの流れは過去最高にエキサイティングですね。

今日は今使っているデッキの思いを語ります。


それは奇数ローグです。

このデッキはかつて騎士団環境にて栄華を極めたテンポローグと戦い方が非常に似ていて、
ボードをいかにとっていくかという駆け引きが楽しいデッキです。

私自身、去年の騎士団環境ではテンポローグについてコーチングを受け、本気でレジェンドになろうとローグを使っていた時期でした。


その頃のプレイングの上達速度は目を見張るものがあり、ハースストーンの根本的な部分を学べました。


ローグはカードパワーのごまかしが効かないヒーローだと考えてます。
というのもローグは5ターン目までの盤面の取り方が非常に重要です!

そのため1ターン1ターン丁寧にプレイして1枚1枚のカードを最大限活かすようにプレイする必要があります。

先に述べたとおり5ターン目までに勝敗が決着します(これは試合が終わるという意味ではなく優勢か劣勢かが決まるということ)
なのでコントロール対決のように試合終盤まで頭を使って必要以上に脳を疲弊するデッキではないのです。

すなわち、ローグは初心者が上達するために最適なヒーローといえます。

また今環境では、テンポローグにも
奇数タイプ・ノーマルなテンポローグか2種類のデッキタイプが存在します。

特に奇数はカードが制限される分、自分のお気に入りのカードを採用しやすくなっています。

私のお気に入りカードは、毛むくじゃらのミスティックです。

このカードは相手にも2コストのミニオンを渡してしまうデメリットがありますが、こちらの奇数デッキには入っていない偶数カードを手に入れ、余ったマナを有効活用することができます。
4ターン目に手に入れた2コストミニオン+ヒロパナイフ2/2を使う動きは最高です。
なによりランダム効果なのがとても楽しいです。

といようにまだまだ模索中のデッキなので長く遊べるデッキタイプだと考えてます。


はい。
テンポローグについての思いを語りました。

初心者の方に届いてほしい記事でした。

youtu.be