ちくわーるど

Hearthstoneを中心に日々考えたことをメモするブログ

【Hearhstone】沼地のドレイク推進委員会:使用想定【妖の森ウィッチウッド】

こんばんは、

新環境実装まで残り2時間・・・

滑り込み記事です。

私はこのカードを語りたい…

f:id:tikuwa0max:20180412223702p:plain

沼地のドレイク

世間評価

このカードが発表された瞬間スタッツに大きな魅力を感じたと思います。

そして大抵の人が初めに思いついたであろう使い方が、
ローグやメイジ、ドルイドなどの1点を出せるヒーローでの活用です。

特にローグでは2ターン目にヒーローパワーを使っておくことで、出てくるドレイクスレイヤーを倒せる点が評価できます。

ただ、その場合2ターン目を事実上パスすることと同義であり(1点ナイフで出せるとはいえ)、テンポ的には強い動きとは言えません。

ドルイドやメイジで採用するとすれば、5マナが必要であり、これもまたそこまで強い動きではないことが挙げられます。

要するにデメリットをデメリットとして捉え、追加マナでなんとかかき消そう。といった動きでは沼ドレは有効活用できません。

つまり、3ターン目に綺麗につなげられる動きが必要であり、盤面を取りながらプレッシャーを与えていかなければならない



今日は沼ドレについて考察します。

ひいてはこの考察がマックハンターの活用につながるものであれば大変意義のあるものとなるでしょう。

ウォーロック

新環境のカードをパラパラと眺めているとウォーロックのカード達にうらやましさを感じます。

ロード・ゴッドフリーは間違いなく最強カードであり、魔素での作成に思考を要しません。

そんなウォーロックの中でも、いぶし銀のカードが実装されています。

f:id:tikuwa0max:20180412225959p:plain

ウィッチウッドのインプは地味ながらも、その効果にはポテンシャルがあります。

断末魔でバフするミニオンは今まで何枚か存在していました。

そうしたカードは隠れ身を持たず、上手く生き残らないと効果が発動できませんでした。

しかしこのカードは隠れ身を有しております。

つまり、攻撃するタイミング=1点を出すタイミング自由に選べるのです。

このカードは沼ドレと非常に相性がいい

↓こういうことです。

上手いタイミングで5/6を出せるのです。

ブラッドフューリーポーションを使った方は、ZOOにおける早期大型ミニオンの強さをご存知でしょう。

沼ドレと共に使わずとも強力な動きができるのがインプの強みです。

1ターン目に置いておいて、都合のいい時に好きなミニオンに2点体力強化すればいいのです。

それは盤面の取り合いが勝敗を分けるZOOにとってはかなり嬉しいことです。

またキューブロック読みで相手は対戦開始するのでそれも追い風です。

環境初期ZOOの謎流行も今回見れると思います。


ハンター

ローグは2マナの動きが弱くなるからダメでした。
しかし1マナで用意できたら・・・?

f:id:tikuwa0max:20180412231154p:plain

キャンドルショットと相性が良い。

ハンターは来るスタン落ちによって野良猫という強い1マナの動きを失いました

1マナの動きは現時点で、ダイアモールくらいですのでキャンドルショットは両立できるでしょう。

この武器のおかげで好きなタイミングで1点が飛ばせます。

つまり、沼ドレを活かせますね!

そしてハンターは顔面を常に攻めるヒーローですので、5/4というスタッツが噛み合っている

1発でも沼ドレで攻撃できれば、ヒロパで押し込めるようになるでしょう

また猛犬を放てとの相性も良いです。

1つ懸念点を挙げるとすれば、3マナは他のカードが強い点です。

プレッシャーを与えるならサメグマで良くないか…?となりそうです。


パラディン

相手の場にミニオンを置くカードは盤面を取れてなければ強くないです。

低コストミニオンで順番に並べていけるパラディンはどうでしょうか。

聖なる盾を持つミニオンでドレイクスレイヤーを取ればよいです(取りやすい!)し、ナイフジャグラーと共に合わせれば比較的容易に着地できそうです。

その際に、沼ドレの種族であるドラゴンが光ります!

f:id:tikuwa0max:20180412232328p:plain

このカード、

  • ドラゴンシナジーはパラにはお呼びでない
  • 生まれる時代を間違えた

など言われてます。

しかし、沼ドレのおかげで一線級の活躍が期待できると考えてます。

だいたい、シールドミニロボに挑発付くのが弱いはずがないんです。

動員で出るのがマイナスですか?
それは感覚がマヒしているかもしれません。

たとえ2/2であっても、4マナで3体も出たら恐ろしいに決まってる。


あまつさえ、ナイフジャグラーやウルフと一緒に出ます。場合によってはフェアリードラゴンもありですね

あとは、もう分かりますよね…沼ドレの5点でプレスすればいいんです。

まとめ

デメリット効果がデメリットではないかもしれない。
メリットが大きく上回るかもしれない、そうした視点を持つのが大切だと思います。

弱いと切り捨てるのは楽です。思考を要しませんからね。

でも、使い方を考えるのは楽しいことでもあります。
それを伝えたい

そういった観点から今回はコボルトでやったような全カード評価をしませんでした


軽い一言で切り捨てる玄人レビュアーぶってたんですよ。
結局そんな自分自身が好きなだけだったんですよね。


そう思います。思います…思います…はい


私は沼ドレの躍進を心より願ってます


~追記 2018/4/12 23:40~


こちらの記事!本当に面白いです。

siibapico.hatenablog.com